Normcore Style

20代後半会社員が楽に生きるための術を模索するブログ。節約・資産・結婚を中心に更新。

卒花から伝える!撮影時に注意したいこと4選【前撮り・フォトウエディング 】


はてなブロガーさんは読者登録をお願いします☀

f:id:normcorestyle:20210120223944p:plain

私達は、2020年12月にフォトウエディングをしました。
より良い写真を撮るために、撮影時に注意したいことをまとめました。

撮影するときは、とても緊張します。
事前にこの記事を読んで頂いて、当日意識して欲しいなと思います。

これから、前撮り・後撮り・フォトウエディングをされる方の
参考になれば嬉しいです。

持ち込みアイテムの向き

撮影アイテムとして何点か持ち込みをすると思います。
その際に自分でアイテムの設置ができれば良いのですが、
撮影当日はドレスやタキシードを着ているので、
フォトグラファーさんやスタッフさんに設置を依頼することも…

その際にアイテムの向きが分かりづらい物だと
間違って設置されてしまうことも。

特にイニシャルオブジェは上下が分かりにくいことがしばしば…
上下・表裏が分かるように印をしておくと親切です。

結婚指輪・婚約指輪の向き

意外と気を抜きがちなのが、指輪の向きです。
ダイヤがついていたり、デザインがあったりする指輪については、
撮影時にちゃんと正しい向きになっているか確認しましょう。

手元アップの写真以外の時にも、
意外と指輪がしっかり写っているときがあります。

表情のクセ

皆さん、自分自身の表情のクセは把握していますか?
撮影時の目線や顔の傾け方は、フォトグラファーさんが指示をしてくれます。

しかし、表情は自分で作らないといけません。
口角がどうすれば綺麗に上がるか等、
自然な表情を作れるように練習することをおすすめします。

私はとっても緊張してしまい、撮り始めの写真は、
ちょっと引きつった口角になってました…

姿勢のクセ

猫背、注意してください。
よりよい写真にするためには、姿勢は重要です。

背筋を伸ばして、やや胸を張るような姿勢を意識してください。

私は普段かなりの猫背ですが、
撮影中はずっと意識して背筋を伸ばすようにしていました。

替えの靴

撮影当日は、レンタルのパンプスやドレスシューズを履いたり、
撮影用に準備した靴を履くと思います。

そうすると慣れていない靴を数時間履くことになるので、
とっても足が痛くなります。
可能であれば、移動時は履き慣れている靴を履くようにしましょう。
足が痛くて撮影中も気になってしまったとなるともったいないです。

替えの靴を準備する際は、持ち運びしやすい袋も合わせて
準備することを忘れないように。

まとめ

撮影時に注意したいこと4選でした。

POINT
▷持ち込みアイテムの向き
▷結婚指輪・婚約指輪の向き
▷表情・姿勢のクセ
▷替えの靴

細かなところを意識することで、写真がグッと良くなります。
撮影時は気を引き締めていきましょう!